張説 - 高木重俊

高木重俊

Add: omusud68 - Date: 2020-11-26 20:24:22 - Views: 2042 - Clicks: 4458

吉川幸次郎「張説の伝記と文学」(『東方学』1号、東方学会、1951年) 横山弘「張説傳」(『唐代の詩人‐その傳記‐』小川環樹編、大修館書店、1975年) 高木重俊著『張説‐玄宗とともに翔た文人宰相‐』(大修館書店、年) 脚注. 張説 (ちょうえつ) : 玄宗とともに翔た文人宰相 フォーマット: 図書 責任表示: 高木重俊著 言語: 日本語 出版情報: 東京 : 大修館書店,. 研究者「高木 重俊」の詳細情報です。j-global 科学技術総合リンクセンターは研究者、文献、特許などの情報をつなぐことで、異分野の知や意外な発見などを支援する新しいサービスです。.

高木重俊著『張説‐玄宗とともに翔た文人宰相‐』(大修館書店、年) この項目は、 中国の歴史 に関連した 書きかけの項目 です。 この項目を加筆・訂正 などしてくださる 協力者を求めています ( P:中国 / 張説 - 高木重俊 P:歴史 / P:歴史学 / PJ中国史 )。. 張説文学論: 部分タイトル: 官邸詩人としての張説: 部分タイトル: 欽州流謫詩群について: 部分タイトル: 先天中、洛下唱酬詩を巡って: 部分タイトル: 岳州小詩壇と幻の『岳陽集』 部分タイトル: 張説の抒情: 出版年(w3cdtf) : 件名(キーワード) 中国文学. 11 形態: xii, 242p ; 19cm 著者名: 高木, 重俊(1944-) シリーズ名: あじあブックス ; 056 書誌ID: BAISBN. 張説(ちょうえつ) : 玄宗とともに翔た文人宰相 / 高木重俊著 フォーマット: 図書 タイトルのヨミ: チョウ エツ : ゲンソウ ト トモ ニ カケタ ブンジン サイショウ 言語: 日本語 出版情報: 東京 : 大修館書店,. 商品ジャンル一覧 > ジャンル「3232:中世史【東洋―人物】」商品一覧 > 商品詳細「張説 玄宗とともに翔た文人宰相 (あじあブックス 056)」.

Pontaポイント使えます! | 初唐文学論 | 高木重俊 | 発売国:日本 | 書籍 || HMV&BOOKS online 支払い方法、配送方法もいろいろ選べ、非常に便利です!. 2: 張説 : 玄宗とともに翔た文人宰相: 高木重俊 著: 大修館書店:. Pontaポイント使えます! | 張説 玄宗とともに翔た文人宰相 あじあブックス | 高木重俊 | 発売国:日本 | 書籍 || HMV&BOOKS online 支払い方法、配送方法もいろいろ選べ、非常に便利です!. 目次 : 序章 初唐という時代と、本書の概要/ 第1章 王績. comの高木 重俊の著者ページから参考資料を探します。. 吉川幸次郎「張説の伝記と文学」(『東方学』1号、東方学会、1951年) 横山弘「張説傳」(『唐代の詩人‐その傳記‐』小川環樹編、大修館書店、1975年) 高木重俊著『張説‐玄宗とともに翔た文人宰相‐』(大修館書店、年) 脚注 編集. タイトル: 張説について(下)--その官人としての側面を中心に: 著者: 高木 重俊: 出版地(国名コード) jp: 出版年(w3cdtf). 張説 (ちょうえつ) : 玄宗とともに翔た文人宰相 高木重俊著 (あじあブックス, 056) 大修館書店,.

11 形態: xii, 242p ; 19cm 著者名: 高木, 重俊(1944-) シリーズ名: あじあブックス ; 056 書誌ID: BAISBN:. 張説の欽州流謫詩について 著者 高木 重俊 著者別名 TAKAGI Shigetoshi 雑誌名 中国文化 : 研究と教育 巻 58 ページ 42-54. 張説の本の通販、高木重俊の本の情報。未来屋書店が運営する本の通販サイトmibonで張説を購入すれば、ポイントが貯まります。本の通販 mibonではの本 新刊・既刊や雑誌など約250万冊の本が購入できます。. 博士(文学) 博士(文学)(はくし ぶんがく)は、人文科学(哲学、史学、文学を含む広義での文学)に関する専攻分野を修めることによって、1991年以降に日本で授与されている博士の学位である。. キャンパス・コンソーシアム函館(制作) 合同公開講座函館学 Vol. 11 形態: xii, 242p ; 19cm 著者名: 高木, 重俊(1944. 高木重俊と助教授 · 続きを見る ».

高木 重俊さんの後を追って、Amazon. Amazonで高木 重俊の張説―玄宗とともに翔た文人宰相 (あじあブックス)。アマゾンならポイント還元本が多数。高木 重俊作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。. 11: 蠣崎波響漢詩全釈 : 梅痩柳眠村舎遺稿: 蠣崎波響 著. 張 説(ちょう えつ、667年(乾封2年) - 730年(開元18年))は、中国唐代の政治家・詩人である。字は道済(説之)。文官、武官として順調にキャリアを重ね、工部侍郎、同中書門下平章事、中書令、按察使、節度使を歴任し、3度も宰相となった。. 高木 重俊(たかぎ しげとし、1944年(昭和19年) 3月23日 - 年(平成24年) 9月1日)は、日本の漢文学者、北海道教育大学 名誉教授。 長野県生まれ。1966年東京教育大学 文学部漢文学卒、1970年同大学院文学研究科中国古典学修士課程修了。 【最安値 1,980円(税込)】(12/10時点 - 商品価格ナビ)【製品詳細:書名カナ:チョウ エツ ゲンソウ ト トモニ カケタ ブンジン サイショウ|著者名:高木重俊|著者名カナ:タカギ,シゲトシ|シリーズ名:あじあブックス|シリーズ名カナ:アジア. Amazonで高木 重俊の張説―玄宗とともに翔た文人宰相 (あじあブックス)。アマゾンならポイント還元本が多数。高木 重俊作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。. 張説 - 玄宗とともに翔た文人宰相 - 高木重俊 - 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天ポイント」が貯まってお得!みんなのレビュー・感想も満載。.

張 説(ちょう えつ、667年(乾封2年) - 730年(開元18年))は、中国唐代の政治家である。字は道済(説之)。 667年に洛陽で生まれる。本籍は范陽(河北省)であるが、河東(山西省)に移住し、数代前に再び移住して洛陽に出た。. 10: 蠣崎波響漢詩研究: 高木重俊 著: 幻洋社:. 玄宗の「開元の治」を実現させた最大の功労者の一人であると同時に、中国唐代新興階級. bookfan for LOHACO ストアの商品はLOHACO(ロハコ)で!【内容紹介】 張説(667‐730)は、武則天の治世に官僚社会に登場し、のち、中宗、睿宗、玄宗の三帝に仕えた。. 高木 重俊(たかぎ しげとし、1944年(昭和19年) 3月23日 - 年(平成24年) 9月1日)は、日本の漢文学者、北海道教育大学 名誉教授。 長野県生まれ。1966年東京教育大学 文学部漢文学卒、1970年同大学院文学研究科中国古典学修士課程修了。.

|トップページへ |現在のかごの中 | 商品詳細. Download PDF: Sorry, we are unable to provide the full text but you may find it at the following location(s): 張説 (ちょうえつ) : 玄宗とともに翔た文人宰相 資料種別: 図書 責任表示: 高木重俊著 言語: 日本語 出版情報: 東京 : 大修館書店,. 初唐文学論 - 高木重俊 - 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天ポイント」が貯まってお得!みんなのレビュー・感想も満載。. 張説 (ちょうえつ) : 玄宗とともに.

高木 重俊(たかぎ しげとし、1944年(昭和19年) 3月23日 - 年(平成24年) 9月1日)は、日本の漢文学者、北海道教育大学名誉教授。長野県生まれ。1966年東京教育大学文学部漢文学卒、1970年同大学院文学研究科中国古典学修士課程修了。. 高木重俊: キャンパス・コンソーシアム函館: : 初唐文学論: 高木重俊 著: 研文:. 張説を解説文に含む見出し語の検索結果です。ナビゲーションに移動 検索に移動 この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字が含まれています(詳細)。. 張 説(ちょう えつ、667年(乾封2年) - 730年(開元18年))は、中国 唐代の政治家・詩人である。 字は道済(説之)。文官、武官として順調にキャリアを重ね、工部侍郎、同中書門下平章事、中書令、按察使、節度使を歴任し、3度も宰相となった。. 高木 重俊『張説―玄宗とともに翔た文人宰相』の感想・レビュー一覧です。ネタバレを含む感想・レビューは、ネタバレフィルターがあるので安心。読書メーターに投稿された約0件 の感想・レビューで本の評判を確認、読書記録を管理することもできます。.

書 評 高木 重俊著 『初唐文学 論』 道 坂 昭庫 京 都大草 中囲文学史における頂難のひとつが盛唐であることは、 閲の〞ずれ約百年を要したことは&39;人間の内と外、即ち精神と制度の論を待たない。しかし&39;王朝の成立から盛唐の開幕まで、.

張説 - 高木重俊

email: orohaz@gmail.com - phone:(189) 489-6758 x 4818

加須市 2005 - 富士経済 半導体材料市場の現状と将来展望

-> 流通決戦 - 宇都宮芳広
-> 東京・21世紀への飛翔 - 鈴木俊一

張説 - 高木重俊 - 関西学院中学部


Sitemap 1

超カワイイ - 大室古墳群 東国大豪族の威勢