妖怪学の基礎知識 - 小松和彦

妖怪学の基礎知識 小松和彦

Add: olaryb90 - Date: 2020-12-16 13:39:22 - Views: 5766 - Clicks: 7819

小松, 和彦(1947-) 講談社. 小松和彦、検索結果(実用、文芸・小説)の作品一覧です。kadokawaグループ内外の電子書籍を数多く配信中。新着のマンガ(漫画)・ライトノベル、文芸・小説、新書、実用書、写真集、雑誌など幅広く掲. 小松 和彦. 756円-西行と兼好 乱世を生きる知恵.

妖怪学の基礎知識: 著作者等: 伊藤 慎吾 伊藤 龍平 佐々木 高弘 大森 亮尚 小松 和彦 徳田 和夫 飯倉 義之 香川 雅信: 書名ヨミ: ヨウカイガク ノ キソ チシキ: 書名別名: Yokaigaku no kiso chishiki: シリーズ名: 角川選書 487: 出版元: 角川学芸 : 角川グループ. 妖怪学の基礎知識年 Ⅶ 妖怪学の基礎知識 - 小松和彦 妖怪. ‎怪と幽 vol. 4 図書 妖怪学新考 : 妖怪からみる日本人の心. 4 形態: 284p : 挿図 ; 19cm 著者名: 小松, 和彦(1947-) シリーズ名: 角川選書 ; 487 書誌ID: BB.

小松和彦 編『妖怪学の基礎知識』を読みました。豆腐小僧の影響?かどうかよくわかりませんが、なんだか妖怪がまたまた少し盛り上がっているのかしら・・・。 妖怪学の基礎知識 (角川選書)作者: 出版社/メーカー: 角川学芸出版発売日: /04/25メディア: 単行本. 鬼と日本人 (角川ソフィア文庫) 作者: 小松和彦 出版社/メーカー: kadokawa 発売日: /07/24 メディア: 文庫 この商品を含むブログを見る 妖怪を文化史的に学問する「妖怪学」を提唱したことで知られる、小松和彦氏による最新の著作です。 小松氏は角川ソフィア文庫において、これまで『神隠し. 京都大学 理系 年 前期 国語 第二問 『妖怪学新考 妖怪からみる日本人の心』小松和彦 形式段落の要旨をまとめました 番号は形式段落の通し番号です。 1谷崎潤一郎『陰翳礼讃』―昭和の初めころには、闇の消失が目立ったものになってきた 2屋内の「眼に見える闇」―幻覚を起こしやすい 闇. 文化・人類、小松 和彦 氏、妖怪から見る日本人の心 人間の心の闇が生む「妖怪」。そこに日本人の民俗性を見ることができます。 妖怪は人間や文化を考えるための「装置」 時代とともに変る妖怪の姿 1万6,000件の妖怪が集結!データベースを大公開。. 小松和彦(こまつ・かずひこ)氏。1947年生まれ。国際日本文化研究センター所長。専門分野は文化人類学、民俗学。妖怪研究の第一人者で、関連. 【中古】 妖怪学の基礎知識 角川選書487/小松和彦【編著】 【中古】afb. 女と妖怪: 宮田登: ミカワリバアサンと八日ゾ: 岩堀喜美子: 七尋女房 : 山陰の妖怪考 1/ 酒井薫美: 伝説と共同体のメンタルマップ : 徳島県美馬郡脇町の「首切れ馬」伝説を事例に: 佐々木高弘: 狸とデモノロジー: 柳田國男: 妖怪と現代文化: 小松和彦. 妖怪研究で知られ、国際日本文化研究センター(日文研、京都市西京区)の所長を今年3月で退任した民俗学者、小松和彦さん(73)の退任記念.

いまも都市伝説などで再生されつづける「妖怪」とは何か? 説話やお伽草子に描かれる妖怪や怪異、噂話のなかの妖怪、妖怪画の歴史、妖怪の博物誌など、最新の研究成果を盛り込み日本の妖怪文化に迫る。 ※本作品は紙版の書籍から口絵または挿絵の一部が未収録となっています。. ・『妖怪学の基礎知識』 (共著 小松和彦編 角川学芸出版) ・「郷土玩具と妖怪――妖怪文化の『伝統の創造』」『妖怪文化の伝統と創造』(小松和彦編 せりか書房) ・「フィギュアの誕生――『ひとがた』への畏れと愛」『フィギュアの系譜展ガイドブック』 (京都国際マンガ. ) 小松 和彦/編. 小松和彦 ----神なき時代の民俗学. 6 3881/18 一般書庫 10 日本怪奇幻想紀行 1之巻 同朋舎.

フォーマット: 図書 責任表示: 小松和彦編著 言語: 日本語 出版情報: 東京 : 角川学芸出版 東京 : 角川グループパブリッシング (発売),. ~異界論のための基礎知識 小松 和彦 『怪』vol. 3 3881/89 一般書庫 9 幽霊 冥土・いん・じゃぱん 暉峻 康隆 著 岩波書店 1997. コマツ・カズヒコ。民俗学者。 年4月1日、日本文化を総合的に研究し、各国の日本研究者を支援する独立行政法人「国際日本文化研究センター(日文研)」の第6代所長に、妖怪研究で知られる民俗学者の小松和彦が就任した。. 妖怪学の基礎知識|いまも都市伝説などで再生されつづける「妖怪」とは何か? 説話やお伽草子に描かれる妖怪や怪異、噂話のなかの妖怪、妖怪画の歴史、妖怪の博物誌など、最新の研究成果を盛り込み日本の妖怪文化に迫る。 ※本作品は紙版の書籍から口絵または挿絵の一部が未収録となっ. 小松 和彦:1947年、東京都生まれ。埼玉大学教養学部教養学科卒業、東京都立大学大学院社会科学研究科(社会人類学)博士課程修了。国際日本文化研究センター教授。専攻は文化人類学・民俗学。著書に『妖怪学新考』『妖怪文化入門』『百鬼夜行絵巻の謎』『異界と日本人』など多数。. 3 3881/115 一般開架 8 妖怪は繁殖する 一柳 廣孝 編著 青弓社 1998.

妖怪画の系譜: 小松和彦 執筆 娯楽と妖怪: 香川雅信 執筆 妖怪の博物誌: 伊藤龍平 執筆 「口承」の中の妖怪: 飯倉義之 執筆 妖怪とは何か: 小松和彦 執筆 妖怪の思想史: 香川雅信 執筆 記録の中の妖怪: 大森亮尚 執筆 説話文学の中の妖怪: 伊藤慎吾. 小松和彦著 言語: 日本語. 『妖怪学の基礎知識 角川選書 』小松和彦(角川学芸出版) /04 ¥1,890 『妖怪文化の伝統と創造 絵巻・草紙からマンガ・ラノベまで 妖怪文化叢書 』小松和彦(せりか書房) /09 ¥6,090. 小松, 和彦(1947-), 香川, 雅信(1969-), 大森, 亮尚(1947-), 伊藤, 慎吾(1972-), 徳田, 和夫(1948-), 佐々木, 高弘(1959-), 伊藤, 龍平(1972-), 飯倉, 義之(1975-) 角川学芸出版, 角川グループ. 妖怪学の基礎知識 - 小松和彦 年3月30日 招待有り. 小松和彦 プロフィール. タイトル: 妖怪学の基礎知識: 著者: 小松和彦 編著. 小松 和彦(こまつ かずひこ、1947年 7月13日 - )は、日本の文化人類学者、民俗学者。 国際日本文化研究センター名誉教授・元所長。 埼玉大学 フェロー。 シューレ大学アドバイザー。 口承文芸論、妖怪論、シャーマニズム、民間信仰などを研究。 東京都出身。.

692円-京都魔界案内 出かけよう、. 水と文化(秋道智彌・小松和彦・中村康夫編) 年 安丸良夫の民俗論 小松 和彦 安丸思想史への対論(安丸良夫・磯前順一編) 年 日本の庶民信仰に関する二題 小松 和彦 日本研究論文集・社会・文化史 年 民俗学から見た表現活動 小松 和彦. パネルディスカッション「京都から考える日本文化の多様性と地方創生」 小松 和彦 『京都創生』第17号 年12月25日 招待有り 『鬼』が来た道―シルクロードと日本の妖怪文化 小松 和彦 『知恩』第883号 年12月1日. このたび講談社学術文庫化された『妖怪学新考』を最初に. 4 形態: 677p ; 22cm 著者名: 小松, 和彦(1947-) 書誌id:. 妖怪学新考 妖怪からみる日本人の心 小松和彦 出版社: 小学館 サイズ: 253P 20cm ISBN:発売日: 1994/8/29 定価: &165;2,453. 妖怪学の基礎知識 フォーマット:.

1947年東京都生まれ。文化人類学者、民俗学者。信州大学助教授、大阪大学教授を経て、現在は国際日本文化研究センター所長。鬼、妖怪、異人などを入口に、日本文化の深奥に迫る文化人類学、民俗学の第一人者。著書に『いざなぎ. 1 基礎編 妖怪研究のエポック・メーキング 2 展開編 妖怪研究の現在 3 発展編 妖怪研究各論 参考文献 掲載図版一覧 小松 和彦コマツ カズヒコ 編集/著・文・その他. この商品は店舗在庫が僅少です。品切れの場合、出版社へ取り寄せとなりますので、恐れ入りますがご了承下さい。 WorldCat LINK. 7 3881/45/1 一般書庫 11 日本怪奇幻想紀行. 7 妖怪学の基礎知識 小松 和彦 編著 角川学芸出版. 妖怪学の基礎知識,小松和彦,kadokawa/角川書店,書籍,,ぬらりひょん、うぶめ、犬神. 所属 (現在):国際日本文化研究センター,大学共同利用機関等の部局等,名誉教授, 研究分野:文化人類学,宗教学,文学一般(含文学論・比較文学)・西洋古典,考古学,文化人類学・民俗学, キーワード:宗教,昔話,怪異,儀礼,中国,シャーマニズム,生命観,生命主義,陰陽道,いざなぎ流, 研究課題数:23. 妖怪学新考 妖怪からみる日本人の心: 著者名: 著:小松 和彦: 発売日 : 年07月11日: 価格: 定価 : 本体1,110円(税別) isbn:: 通巻番号: 2307: 判型: a6: ページ数: 336ページ: シリーズ: 講談社学術文庫: 初出: 本書の原本は、1994年7月に小学館より刊行、その後年7月に小学館.

妖怪学の基礎知識 小松和彦 編著. 小松和彦「妖怪とは何か」小松和彦編『妖怪学の基礎知識』角川学芸出版 ; 冒頭の写真 「水虎十弐品之圖」 出典:国立国会図書館デジタルコレクション; このテーマを成城大学で学ぶならこの授業がオススメ! 民俗学の基礎を学ぶ「文化史概論IIa・IIb」 1. 【最新刊】妖怪学の基礎知識。無料本・試し読みあり!いまも都市伝説などで再生されつづける「妖怪」とは何か? 説話やお伽草子に描かれる妖怪や怪異、噂話のなかの妖怪、妖怪画の歴史、妖怪の博物誌など、最新の研究成果を盛り込み日本の妖怪文化に迫る。. 日本妖怪学大全 フォーマット: 図書 責任表示: 小松和彦編 言語: 日本語 出版情報: 東京 : 小学館,.

。 漫画や小説で大人気の妖怪. 1947年、東京都生まれ。国際日本文化研究センター教授。埼玉大学教養学部教養学科卒業、東京都立大学大学院社会科学研究科(社会人類学)博士課程修了。専攻は文化人類学・民俗学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです) 目录 &183; &183; &183; &183; &183; &183; 1 妖怪とは何か 2. 0337 『妖怪学の基礎知識』小松和彦編著(角川選書)を読みました。 わたしのブログ記事「シャーマニズムの未来」で紹介したシンポジウムに先日参加しましたが、そこにパネリストの1人として民俗学者の小松和彦先生が来られていました。 わたしは、小松先生の著書はほとんど読んでい.

妖怪学の基礎知識の詳細。いまも都市伝説などで再生されつづける「妖怪」とは何か? 説話やお伽草子に描かれる妖怪や怪異、噂話のなかの妖怪、妖怪画の歴史、妖怪の博物誌など、最新の研究成果を盛り込み日本の妖怪文化に迫る。※本作品は紙版の書籍から口絵または挿絵の一部が未収録. 人間学としての妖怪学を求めて (文・小松和彦) 1994年に起こった怪異・妖怪ブーム. 現代の「妖怪学」の第一人者は、民俗学者・文化人類学者の小松和彦さんだ。小松さんは「日本ほど多種多様な妖怪の文化が花開いた国は珍しい」と言う。妖怪がマンガ、アニメ、ゲームに登場し、それが海外から「クールジャパン」と呼ばれ注目されているのは、日本古来の自然崇拝の信仰. 1/コマ/妖怪学の基礎知識 (角川選書) 小松 和彦/編著 角川学芸出版. 小松和彦----新しい民俗学へ 野の学問の. 1,320円-神になった. 0 5つ星のうち(2個の評価人の読者) 妖怪学新考―妖怪からみる日本人の心 (洋泉社mc新書) (日本語) 新書 – /7/1 - 妖怪学新考―妖怪からみる日本人の心 (洋泉社m.

小松 和彦. 小松和彦 / 角川学芸出版 /09 税込¥7,150: 妖怪学の基礎知識 小松和彦 / 角川学芸出版 /04 税込¥1,980: 妖怪文化の伝統と創造 絵巻・草紙からマンガ・ラノベまで 小松和彦 / せりか書房 /09 税込¥6,380 : 小松和彦. 年9月、日本の妖怪完全ビジュアルガイドやその他を含む、小松和彦のブックをプレビュー. 『鬼』が来た道-シルクロードと日本の妖怪文化. 妖怪学新考―妖怪からみる日本人の心 (洋泉社mc新書) (日本語) 新書 – /7/1 によって 小松 和彦 5つ星のうち4.

37妖怪学新考 小松 和彦/著 小学館 1994. 1/コマ/酒呑童子の首 小松 和彦/著 せりか書房 1997. 10 図書 妖怪学の基礎知識.

妖怪学の基礎知識 - 小松和彦

email: retesa@gmail.com - phone:(219) 538-1516 x 4551

ハローキティ星占い 2001年版 乙女座 - マリィ・プリマヴェラ - 日本博学倶楽部 決定的瞬間

-> 朝イチのヨガ - アニール・クマー・セティ
-> 転換期の中国会計 1949-2000 - アレン・ファン

妖怪学の基礎知識 - 小松和彦 - 三毛猫ホームズの歌劇場 赤川次郎


Sitemap 1

ドイツ社会文化史 - G. フライターク - 華頂女子中学校